「天外魔境 ZIRIA」 プレイ日記 第5回

PSstore PCEアーカイブス版「天外魔境 ZIRIA」のプレイ日記、第5回です。
白河城~平泉村まで。

「白河の関」がタマモ姫の呪いで使用不能になってしまったので、それを大トノ様に報告するため白河城へ。

【白河城】
まだ地下にいた大トノ様。いい加減上に戻れば……っていうか、そもそも地上部に上る階段が無いよね、このお城。
とりあえず「白河の関」の件を報告すると、代わりに「なこその関」の通行許可をくれました。

【なこその関】
こちらは何の問題もなく通行可能。意外と詰めが甘いぞ、キュウビ。
関を抜けると「陸羽国」に入ります。フィールドに出て道なりに進んで行くと、「雲切の里5」がありました。

【雲切の里5】
ここで得た情報は以下の通り。

・北の橋を渡るとオニの大将「あくろう王」の居城「多賀城」がある。
・あくろう王は異様に強く、ジライアの力をもってしても倒せるかどうか。
・陸羽国では深刻な米不足が続いている。ネズミが米を食い荒らしている。
・あくろう王はオニ達に悪い事をさせないようまとめていた。
・あくろう王はもとは陸羽国の王で良い人だったが、大門教に入会してしまった。大門教に弱みを握られているのだろう。

今度は鬼を相手にしなきゃならんのかな、などと考えつつフィールドを北へ。
すぐ近くに見えている城へと向かいます。

【多賀町】
「あくろう王」のお膝元、多賀町に到着です。

・あくろう王様は人が変わられた。
・近頃あくろう王の子供の姿を見掛けない。
・ねこま村の「白ネコ」様が大門教の手にかかった。「ねこま村」はこの国の南西のはずれ。
・白ネコ様ならば大門教の「ダンジョウ」を懲らしめる術を知っている。
・消防車のような奴が「新月刀」を欲しがっていた。本当に困ったらやればいい。
・米沢城のダンジョウが橋で待ち伏せしているので気を付けろ。
・大門教が橋に魔法をかけ、渡ろうとすると引き戻されてしまう。「ズッコロ橋」と呼んでいる。
・あくろう王との戦いは避けられない事かもしれない。

うん、大体の事情は見えて来た。「あくろう王」は子供を人質に取られちゃったみたいね。
一方、「消防車のような奴」についてですが、町の北東あたりにウーウー唸ってる人がいました。たぶんこの人でしょう。「本当に困ったら」云々の意味がよく掴めませんが、とりあえず預かり屋でコレクションしていた「新月刀」を進呈したところ、「困ったやつだな」などと言われつつ以下の情報を入手出来ました。

・島と橋の迷路は、木を目印にして歩けばいい。
・その途中の「雲切の里6」には必ず立ち寄れ。

困ってるのってこの人じゃなく、ジライア達の事だったのか('A`) 要は行き詰まったらヒントを聞けるって事だったのかしら。
……気を取り直し、お城へと向かいます。

【多賀城】
これまでの城とは比較にならないほど城らしい城。玉座の前には家来と思しきオニ達が並んでいますが、どことなく哀しそう。

・あくろう王様の子息が大門教に誘拐された。
・あくろう王は火の勇者を多賀城から先に行かせないようダンジョウに命令されている。

やっぱりな。ここで、あくろう王に話し掛けるなり戦闘開始。問答無用です。

VS あくろう王
ジライア&ツナデ13段。あくろう王は青鬼です。声がかっこいい。
攻撃力が高いものの、こちらからの攻撃もほぼヒット。なので回復さえしくじらなければ大丈夫でした。

撃破後、改めてあくろう王と会話。人質になっている子供の救出を依頼されるので快諾すると、自分も共に戦うと告げ、あくろう王が仲間に加わりました。おぉ、心強い。

王の居た場所から北に向かうと、そのままフィールドへ。城の北側に出た様です。
とりあえず地名が判明している「ねこま村」と「雲切りの里6」を探すべく、北の橋を渡ろうとしたところ、跳ね返されてしまいました。どうやらここが「ズッコロ橋」のようです。

通れないものは仕方がないので、ひとまず西へ。アドバイス通りに木を目印にして進んではみたものの、「ズッコロ橋」は一箇所だけではないらしく、幾度か行っては戻りをするハメになりました。くそぅ。
そんなこんなで、どうにか「雲切の里6」に到着です。

【雲切りの里6】
小さい集落ですが、相変わらず情報量は豊富。

・ダンジョウは魔神像の力で何度でも復活する。
・西の「平泉村」では、村の米をネズミが全部食べてしまった。
・平泉村に渡る橋にはダンジョウが待ち伏せしているに違いない。
・ダンジョウを倒す力を身に付けるまでは、あの橋を渡ってはいけない。
・ネズミ退治は「ねこま神社」。
・「白ネコ様」の神通力は悪しき魔法を封じる力。

ダンジョウを倒す力とは何ぞや。それはともかく、名のある大僧正が作ったという「大カナヅチ」を売りつけてくる人物がいました。「どんな祟りも砕け散る大僧正の法力つき」だそうです。これで殺生石が割れるんなら是非買っておきたいところなのですが、価格はなんと30万両。流石に買えないので断ると、どんどん値下げしてきた挙げ句、最終的にはタダになりました(゚ω゚;) どういう事だ。

気を取り直し外に出たら、お次は「ねこま村」を目指します。
「ズッコロ橋」にボヨンボヨン弾かれていると、「平泉村」らしきものが見えてきたものの、村の手前の橋にてダンジョウが待ち伏せしているらしいので、今はスルーして南へGO。

【ねこま村】
「白ネコ様」が封印されているという「ねこま村」へ。

・白ネコ様の神通力があれば、ダンジョウの魔法を封じる事が出来るかもしれない。
・村の北にある湖に面した岬は、まるで猫の顔のような形をしている。
・ホテイ丸からの伝言。魔神像を破壊する道具を作るためには「殺生石のカケラ」と「大カナヅチ」が必要。
・余所者にシロ猫様への抜け道を教えたばかりにシロ猫様は石にされた。だから余所者には二度と抜け道を教えない。
・ヘンな外人が「白河の関の陸羽側に来てくれ」と言っていた。

さて、白ネコ様を助けたいのは山々ですが、「たとえ火の勇者であろうとも白ネコ様のもとに通じる抜け道は教えられない」と、村人は口を割ろうとしません。どうしたものかと困惑していたら、神社の神主さんが独り言として呟いてくれました。「猫の口へ飛び込みなさい」だって。

このヒントをもとに、神社のすぐ北にある、三体の猫に囲まれた小さな泉(?)へ。中に入ると隠し通路になっており、白ネコ様が封印されている岩がありました。
解放された白ネコ様からは、「禁印」の巻物をゲット。敵単体の術を封じ込める効果があるようです。

さて、次の目的地はホテイ丸が待っているらしい「白河の関」。ダンジョウを倒すためには彼が持つ魔神像を破壊する必要があるのですが、そのためには「殺生石のカケラ」と、「大カナヅチ」から作製する道具が必要、とのこと。
ひとまず白河関の方面へと向かっていると、その道中、「白トカゲ」様が封印されている岩を発見。白トカゲ様からは「涼風」の巻物を入手しました(∩´∀`)∩

その後、白トカゲ様の場所から南へ向かうと、ホテイ丸の待つ「白河の関」が見えて来ます。

【白河の関】
早速ホテイ丸に話し掛けると、ダンジョウの力の源が魔神像であると教えられました。更に、彼は魔神像を壊す「かみなり玉」を作製出来るようです。
「殺生石のかけら」が少しあれば作る事が出来ると言うので、「大カナヅチ」を渡したところ、陽気なBGMと共に「かみなり玉」をこさえてくれました。

意外にあっさりと準備が整ったので、橋で待ち構えているらしい「ダンジョウ」を倒しに行きます。
「平泉村」の東にある橋を渡ると、いよいよ「ダンジョウ」登場。額にピンクの三日月傷のある、まぁまぁ格好良いおっちゃんです。

VS ダンジョウ
ジライア&ツナデ15段。「マグミー」という術が強烈で、いきなり40近く削られて焦りましたが、その後「禁印」で術を封じる事が出来たので助かりました。
術さえ無効に出来れば、後は殴り合い。通常攻撃は10前後と、その辺の雑魚と変わらない程度なのでさほど脅威ではありません。
ただ、数ターン後に禁印の効果が切れた時は焦りましたが、そのターン内で撃破出来たので良かった良かった。

ダンジョウは断末魔のような声を上げて消えた……のはいいのですが、魔神像とやらを壊さない限り何度でも復活するらしいので、どうせまた出て来るでしょう。とりあえず橋を渡って平泉村へ向かいます。

【平泉村】
ネズミの被害で米が無いようです。

・この村の大門教会に鬼の子供が連れ込まれるのを見た。
・火の勇者は3つの聖なる玉を使ってマサカドを倒した。聖なる玉は散らばっていった。
・ダンジョウは時折この村の大門教会にやってくる。
・ネズミを追い掛けて行ったら、大門教会のカーテンの中に入って行った。
・米が食べたくて大門教に入信してしまう者が増えている。

どう考えても教会が怪しいので、次回は村内の北にある教会へと向かってみます。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。