「天外魔境 ZIRIA」 プレイ日記 第13回

PSstore PCEアーカイブス版「天外魔境 ZIRIA」のプレイ日記、第13回です。
おだわら町~かまくら城まで。


「あたみ温泉」から街道沿いに南へ向かうと、お城が見えて来ました。

【おだわら町】
町は外周を囲ってあるのですが、何故その囲いの外に預かり所が一件。そして囲いの入口では、アシモト五兄弟の三男が待ち構えてました。
ヤシャ姫から9999両貰っているという彼は、ジライア達に1万両を請求。インフレ凄いなオイ。
残念ながら払う以外に方法は無いようです('A`)

……なんでこの近辺エリアにやたら預かり所があるのか、やっと解った。

・ここの南に「かまくらの町」があるが、ここと同じで大門教徒が溢れている。
・お城を護るために大きなカラクリ人形が作られた。
・ヤシャ姫は、火の勇者のうち一人をここで必ず仕留めると言っていた。
・毎週選ばれた者が、マサカド復活の手伝いに、江戸の邪神斎の元へ行く。

自信満々っぽいヤシャ姫に警戒しつつ、小田原城内へ。

【小田原城】
戦闘が厳しいので城内探索しつつ徳稼ぎ。「氷の鏡」を駆使してサクサクっと探索していると、突如「カラクリ兵」とエンカウントしました。甲冑で武装した青い骸骨のような姿をしています。これ、ホテイ丸が設計してたやつじゃ……。
とりあえずBGMは雑魚戦の時のものですが、強さも雑魚って事は流石になさそう。

VS カラクリ兵
ジライア30段、ツナデ29段、オロチ丸33段。
「氷の鏡」が効いたので普段通りに戦闘。HPが高く少々時間を要したものの、特に苦戦する事なく勝利出来ました。

カラクリ兵を撃破するも、特に何も起こらず。あれ?
気を取り直し目の前の階段を登ると、殿様とヤシャ姫らしき姿を発見しました、が、セーブ&回復のため一度町へ引き返します。安全第一。

準備が整ったら、改めてヤシャ姫&殿様のもとへ。二人がいる部屋に入るとイベントが発生し、自己紹介を終えたヤシャ姫は、

「ツナデは預かったぞ。返して欲しくば かまくら城 の天守閣に来るがよい」

などと言い放ち、逃亡。
…………え? ツナデを、預かった?

画面が切り替わると、本当にツナデがナッシング。抵抗する素振りどころかリアクションが一切無いままツナデが拐かされちゃいました:(;゙゚'ω゚'):
ちょ、ちょっと待って! 色々アイテム持たせてるから今の無し!

直前の中断セーブデータをロードし、荷物整理した上でやり直しましたとさ(゜∀。)

さて、小田原城に取り残された男3人とカエル一匹。とりあえず顔色がパープルな殿様に話し掛けたところ、先程のカラクリ兵はホテイ丸に作らせたらしい事が判明しました。やっぱりか。更に、当のホテイ丸は既にこの城には居ないとのこと。

ならば一体何処に居るのか、と問うより早く、殿様はジライア達に襲い掛かってきました。

VS モウリョウ
殿様の正体はモウリョウでした。雑魚よりちょっと強いぐらいで強敵では無し。

ジライア達に撃破されたモウリョウは、ホテイ丸とツナデが「かまくら城」に居ると言い残し、消滅。
いつものパターンと違い、正気を取り戻したりはしない様です。いや、そもそも殿様自体が偽物だったのかも。

この後は「鎌倉城」へ急ぎます。小田原城下町の人々については、大門教に騙されていた事に気付き我に返る人もいれば、殿様がモウリョウだった事を信じようとしない人もいたり。

さて、小田原町の南側からフィールドに出ようとすると……また居た、アシモト五兄弟('A`)
今度は手持ちの金全部を要求してきましたが、「えーと そうだな」などと考えているところをみると、たぶん嘘だコイツ。
まぁ、既に預かり所の上限まで預けていたので良しとします……っていうか、ゴーヨクからお金を沢山盗めたのって、このイベントがあるからなんでしょうね。畜生、よく出来てやがる。

とんでもない兄弟に目を付けられたものですが、よく考えたらまだ一人残ってます。今度はどれだけえげつない奴なんだろうと怯えつつ「かまくら城」へ。小田原のすぐ南西にあるので迷う方が難しいです。

【かまくら町】
やっぱり待ち構えてました、アシモト五兄弟の長男。「ヤシャ姫様の全財産を譲り受けて」通せんぼって、嘘つけお前(#^ω^)

彼の要求は「ジライアが今使っていないもの」。つまりは「預かり所に預けてあるもの全部」……って、ちょっと待て。あそこには貴重品とか、非売品の武器とか各国の地図とかを保管してるんだぞ!
そこで全力でお断りしたところ、大袈裟にも「ジパングもおしまいだ」と大騒ぎ。火の勇者が財産を惜しむなんて、って事みたいですが……くっそぉ、人の足下見やがって…………Σ(゚Д゚;ハッ! そうだった、こいつらアシモト五兄弟だった!

と、いうわけで一旦小田原に戻り、預かり所でアイテム整理。非売品の武器や地図を泣く泣く処分しました。まぁ、なんで後生大事に地図なんて保管してるんだって話ではあるんですが(ΘωΘ)
それにしても、処分出来ないイベントアイテムはどうなるのかな? そして巻物はどうしようもないので見逃してくれると思いたい。
念のためお金も引き出したら、準備完了。再度鎌倉へ向かい長男の要求を呑みました。

交渉成立後、近くにあった預かり所に駆け込むジライア君。すると見事に空っぽになってました。貴重品まで持って行くのか……。すげぇな(; ・`д・´)
気を取り直し、情報収集です。

・かまくら町は大門教がジパングに入ってきた最初の町。
・南の「みうら村」の「白オオカミ」を石に封印した。
・かまくら城に殿様はいない。大門教に逆らい天罰を受けた。
・前の城主は毒ヘビに噛まれて亡くなった。

そこまで有力な情報はありません。前の殿様が殺されたらしいことぐらい。
人々はとにかくヤシャ姫を称え、火の勇者をコキおろしております。凹む。
連れ去られたツナデの事は気になりますが、まずは南の白オオカミ様を助けに行こうかな……って、行けるのかしら?

町の南から出ようとすると、やはり通せんぼされてます。しかもアシモト五兄弟などではなく普通の番兵で、「通りたかったら命を置いて行け」だって。
選択肢が出たので試しに「はい」を選び、再確認でも「はい」にしてみたところ、有無を言わさず死亡扱いになりました。マジか。

気を取り直し「かまくら城」にアタックします。大丈夫かしら。

【かまくら城】
パーティに二人しかいないのを考慮してか、若干出現する敵が弱いような?
構造も簡単なので、すぐにヤシャ姫の待つ天守閣へ行く事が出来ます。

ヤシャ姫のもとに着くと側にはツナデの姿が。ところが、ヤシャ姫はツナデだけに飽き足らずオロチ丸まで拉致しやがりました:(;゙゚'ω゚'): ちょ、ちょっと待て!「獄門島へ飛ばしてやるわ」って、横溝正史的な場所なんですかそれは!

遂に一人となってしまったジライアに、問答無用で襲い掛かってくるヤシャ姫。
その正体は大門教13人衆の9番手「カーミラ」だってさ。

VS カーミラ
ジライア31段。白目剥いてるわ、口からヘビ出てるわで怖いです。どこか美女だ……などと文句を言ってはみたものの、お察しの通り負けました。だって一対一になるとは思わないじゃん(´;ω;`)

攻撃力高めの上に先手を取ってきますし、こちらを行動不能にする攻撃も持っているので超厄介。何度が挑んでみたものの、なかなか上手くいかないので、おとなしく出直す事にしました。でも段は足りてると思うんだけどなぁ……。

この後は素直に徳稼ぎ。どの程度の強さが必要なのかがよく解りませんが、オロチ丸の現レベルである33段ぐらいにしておけば先手ぐらいは取れるようになるかな? あと、徳稼ぎが終わったらオロチ丸が持っている貴重品も預けておくとします。
稼ぎの場所は効率が悪い鎌倉城内ではなく、フィールドで。

結局、ジライアが32段になったところで再挑戦。ステータスが大きく上がった気がしたのです。

VS カーミラ(リベンジ)
ジライア32段。相変わらず先手は取られましたが若干被ダメが少なくなってました。
ここまで来る途中「月寝の粉」を敵が落としていたので、思い切ってそれを使用してみたところ、なんとカーミラ寝っ放し(゚д゚) 5ターンほど一方的に攻撃した結果、あっさり撃破しちゃいました。1回目の苦労は一体……。
ただし、こちらから与えるダメージが大きくなっていたという事もあるので、やはりLVは上げてきて正解だと思います。

カーミラを倒した時点で、大門教13人衆も残り4名。こりゃクリアも近いかな(゜∀。)……って、あれ? 倒したのに何でツナデとオロチ丸戻って来ないの? 本当に獄門島に飛ばされちゃったの???
その辺に隠し階段でもあるのかと探し回ったものの、ありませんでした。どうしよう。

一人ぼっちになったジライアが町に戻ると、やっぱり人々の反応は2パターン。正気を取り戻した人と、大門教の正体を信じたくない人、といった感じ。
とりあえず獄門島の情報を得る事が出来ればそれでいいですけどね。

・「獄門島」は大門教に逆らった人々が流される悪魔の島。
・「獄門島」へは「さがみ国」の西、「神奈川村」から船が出ていると聞いた。

なるほど。とりあず「神奈川村」に行けばいいのか。でもその前に「白オオカミ」様の封印を解くため、南の「みうら村」へ向かいます。
そういや結局ホテイ丸も見付からなかったな、などと思いつつ続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。