「天外魔境 ZIRIA」 プレイ日記 第17回

PSstore PCEアーカイブス版「天外魔境 ZIRIA」のプレイ日記、第17回です。
年度末のあれこれに忙殺され、気付いたら前回から一ヶ月以上間が空いちゃってて自分でもびっくりですが、 おし町~江戸町まで。

武蔵国の5つの城を攻略中。1つ目の前橋城を突破し、次の「おし城」へと向かいます。

【おし町】
この城下町も無人。そして富士見神社以外、入る事が出来る建物はなさそうです。
神社で回復してもらったら、いざお城へ。

【おし城】
内装はブルー一色。やたらと階段がありますが、三階建てなので繋がりの推測は容易。
中では「新カラクリ兵」とエンカウント。カラクリ兵の強化版といった感じですが、地雷火が普通に効いてしまった上、こいつも徳が1万も。ごちそうさまです(ΘωΘ)

天守にいたのはまたしても幻王丸でした。「前橋城」突破を誉めてくれまして、どもども。
が、結局デーモン族の力とやらで術を封じられた上、ボス戦突入。今度の相手は「暗鉄鬼」です。

VS 暗鉄鬼
ジライア42段、オロチ丸41段、ツナデ38段。敵の見た目は泥黒鬼の色違い。
術を封じられているので、とりあえず通常攻撃。オロチ丸はダメもとで「氷の鏡」を使ってみました。

……そして、事件は起きました。一番行動が早かったジライアが「シュウサク斬り」を炸裂させたのです。
結果、1446のダメージを与え、そのまま撃破してしまったのでした。

い、いや、嬉しいんだけどさ。なんかこう……まぁいいか(゚∀゚)!
気を取り直し、次は「いわつき城」です。



【いわつき町】
相変わらず店などは利用出来ませんが、一件だけ、中に入る事が出来る民家がありました。
そこには逃げ遅れ悲嘆に暮れている女性と、雲切の里のセーブ係さんが。お疲れ様です。

さて、富士見神社の側にてショーグンの軍に属していた男性を発見。この町は大門教とショーグンの軍が戦った激戦の地だったそうですが、彼は大門教の強さに恐怖し、ここに隠れていた模様。
結局、軍は大敗を喫しショーグンも行方不明。……ただの行方不明だったらいいんだけど。

【いわつき城】
ここで出現するのは「土偶ロボ・改」。何故かガチャピンを思い出す。撃破すると1万3千ほどの徳を入手出来ますが、かなりの確率で先手を取られました。むぅ、敵の強さが追い付いてきたか。
いい機会なので、いつも通り一段分ほど段を上げておくことに。

そんなこんなで2Fを探索しているとレバーを発見。こういうギミックは珍しいですが、一応操作しておきます。
最上階で待っていたのは、やっぱり懲りない幻王丸。さすがに「ええい! しつこい やつめ!!」などとイライラしてるご様子(ΘωΘ)さっきまでの余裕はどうした。

今回も術を封じられた上での戦闘突入です。

VS 銀老鬼
ジライア44段、オロチ丸42段、ツナデ40段。
またシュウサク斬り炸裂してくれないかなー、と淡い期待を抱きつつ挑戦。戦法は前回と同様。今回も「氷の鏡」を使ったところ、普通に効いてしまいました。

術の封印については、ツナデ&オロチ丸は2ターン目には回復したものの、ジライアだけはかなり後になったので焦った。単に運の問題?
敵はほとんど「氷の鏡」で行動不可状態でしたが、それでも撃破までに結構なターン数を要したので、もし効いていなければもっと長丁場になっていたかもしれません。

さて、次は4つめの城「かわごえ城」です。

【かわごえ町】
町はやっぱり機能してませんが、ここも民家の中に雲切のセーブ係が。
一緒にいた老人によれば、町の人々はみな江戸城に連れて行かれたみたい。

回復のため富士見の社に入ると、いつも通り白リュウ様が……あれ? いつもと台詞が違う。
なんでも、この先は大門教の強力な魔法陣により神獣達の力が及ばないため、彼等が守ってくれるのもここまでだそうな(´Д⊂
でも、今のジライア達の力は神獣達を越えてるからダイジョブダイジョブ、といったノリ。

更に、幻王丸の魔術を封じる事が出来るという「天照の石」も入手。
よし、これであの面倒臭い奴に引導を渡してやるぞ。

【かわごえ城】
入って数歩進んだところで、落とし穴に引っ掛かってしまいました。落ちた先には毒沼が広がり、数多の魂が彷徨ってます。ツナデに「清水」の巻物持たせといて良かった(;-ω-)=3
また、怪我の功名と言うべきか、葛籠を一つ発見。中は全体回復効果のある「有明」の術の巻物。やりぃ(∩´∀`)∩!

ちなみに、手近にいた魂から聞いた話によれば、拷問にかけられ、恐怖が頂点に達した時に魂を抜かれちゃったんだとか。でもって、その魂はマサカドの餌になるみたい:(;゙゚'ω゚'):

さて、ハシゴから上に戻ったら改めて探索。出現する敵は町中のものとほぼ変わらず、これまでに比べると弱い方でした。
落とし穴に細心の注意を払いつつ、改めて天守へ向かうと、やはり幻王丸の姿がありました。えへへ、また来たよ(ΘωΘ)

今回ばかりは完全にキレちゃってる幻王丸は、ジライア達を眠らせてしまいました。最初からこれ使ってれば良かったのに。
爆睡しているジライア達に嗾けてきたのは「金剛鬼」。この期に及んで手下にやらせるのか。

VS 金剛鬼
ジライア45段、オロチ丸42段、ツナデ40段。
眠った状態での戦闘突入となります。最初のターンでツナデが目覚めたものの、集中攻撃喰らうわ二人が起きないわで、久々に全滅してしまいました。くそぉ。運が悪いのか、段不足なのか。

この後、数回挑戦したのですが、やはり段不足なのか誰一人として目覚めようとしません。
それでも、五回目の正直あたりでオロチ丸がすぐに目覚めてくれたので、すかさず「花壁」を使用。そして次ターンで目覚めたジライアに「影衣」を使わせ、どうにか態勢を立て直す事に成功しました。

結構な長丁場になったものの、仙丹を多めに用意していたお陰もあり、ギリギリで撃破。これで残るは江戸城……と思ったら、目の前にまだ幻王丸が突っ立てる:(;゙゚'ω゚'):! いつもと展開が違うぞ!
が、イベントが起こる様子も無かったため、そーっと側を離れ、そのまま城の外へ……行けてしまった。マジか。

回復などを済ませた後、再度、幻王丸のもとへと帰還。恐る恐る話し掛けてみたところ、無言のまま襲い掛かってきました(笑)。

VS 幻王丸
ジライア45段、オロチ丸42段、ツナデ41段。開幕で先手を取られ全体攻撃を喰らったものの、「天照の石」使用し、術の封じ込めに成功(∩´∀`)∩
更には、氷の鏡が高確率で効いてしまったのであった……。

幻王丸を倒したと思いきや、今度はその真の姿との連戦です。

VS ベリエル
ジライア45段、オロチ丸43段、ツナデ41段。
まさかの連戦で正直焦った。幸い「氷の鏡」が効いたので、その隙に態勢を立て直すところから。
今回はかなり辛い戦闘でした。術の効果は頻繁に解けちゃうし、「氷の鏡」の成功率もそう高くない上、成功しても次のターンにはすぐ効果切れ(´Д⊂

結局、最後の手段とばかりに「ガマ玉」に頼りました。使うと体が大きく減っちゃうので怖かったんですが、こうなったらそうもいってられない。

決死の覚悟でガマ玉を使用したのが功を奏したのか、どうにかベリエル撃破。はー、しんどかった。
でも、これで残るは邪神斎ただ一人となりました。

川越を後にし、江戸に入ろうとするとイベント発生。ツナデが珍しく緊張した面持ちです。
三人が居ればゼッタイに負けないよね、だって。うん、たぶん、うん、そうね:(;゙゚'ω゚'):

【江戸町】
大門教の占領下にあるわりにはBGMが軽快で、人々も普通にウロついてます。……ってか、人多すぎだわ、町広すぎだわで大変です。

とりあえず回復&セーブをしておこうと、入口近くにある大きな宿へ。ところが「10万人目の記念すべき客」とかいうのはまぁ良いんですが、まだ日が高いからと泊めて貰えませんでした(´・ω・`)セーブ係もいない……。
一応、他にも通常サイズの宿が数件有りはするのですが、それらも満室で泊まれませんでした。解せぬ。

まさか既に洗脳状態に!? と不安になったものの、そういう訳でもなく、ちゃんとジライア達の事を歓迎してくれてます。
明日、邪神斎がマサカドの復活祭をするというので、町民達はそれに乗っかって前夜祭をするんだとか。どうも半ばヤケになってるみたい。

その他にも妙なイベント盛り沢山で、本当にここは最前線なのかと疑いたくなるレベル。
既に江戸に到着していたホテイ丸も、変な地震体験施設なんぞをやってる始末ですわ('A`)

そうは言っても、やはりここは大門教のお膝元。大きな大門教会の中には沢山の信者が。皆、マサカドに祈ってます。
また、雲切の里の人は流石に冷静で、「ヘビ玉とナメクジ玉は江戸城の地下にある」という情報をくれました。

町の喧噪を離れ、北にある江戸城へと向かってみると、城近くにショーグンの娘「月姫」がいました。
邪神斎の恐ろしさを知っている彼女は、江戸城にいるショーグン、そして江戸の町民を救ってくれるようジライアに頼んできました。二つ返事でOKしちゃうよ(゚∀゚)

……そうは言ってはみたものの、江戸城は堅く門を閉ざしたままで侵入する隙がありません。大門教会から秘密通路というパターンでもないみたい。
とりあえずは一旦川越に戻り、セーブ&回復した上で町を再探索。すると入口近くの宿屋に変化があり、宿泊出来るようになってました。

一晩明けたら何か変化するんかな、などと思いつつ、続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。