「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記 第24回

PS2 「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記、第24回です。
今回は アイテム収集の旅&イルズベイル監獄島(後半)の探索の続き。

監獄島最深部に到達しておきながら、「神剣」はまだ放っておく事にしたプレイヤー……いや違う、ジュード一行。
前回「ディテクター」を入手したから仕方無いのです。そういう運命なのです。

と、いうわけでアイテム回収。手始めにFLOOR14にて「エクソダスオーブ」を入手します。これはダンジョンから即脱出可能の便利アイテムです。
その後FLOOR15を経て進んで行くと、監獄島前半の分岐点に出ました。パーティー分割時、アルノー達が進んだルートを逆走してきた事になるみたい。

攻略情報を参考に最深部のアイテムを一通り回収したら、早速エクソダスオーブで脱出。
ここからは各地を巡り「ディテクター」必須の宝箱を開けていきます。

基本的に入手は容易なものばかりですが、面倒なのが一つだけ。
監獄島の前半ラスト、ブレイクポイントがあるFLOOR13に「ディテクター」で出現させる隠し宝箱があるんですが、それが「ミストクローク」使用でしか入れない牢の中にあってですね……。

また、ミストクローク持って回転床を行くハメになりました。
前にやった時、何回も失敗していい加減慣れてしまっていたので、今回は1発クリアでしたよ(´;ω;`)

さて、この時点で全宝箱を回収……したはず。でも絶対どっかで見落としてるだろうなーと思いつつ(3の時はそうだった)、「荒れ野巡る鉄の道」の喋る宝箱のところで確認したところ、無事に回収完了してました。
最後の1つである自分と戦うか、と問い掛けてくる宝箱に力強くNOを突き付け、速やかにその場を離れます。だってまだ無理なんですもの。

ここで話は唐突に変わってしまうわけですが、今後の目標について。

最終的には、シリーズお馴染みの隠しボス「ラギュさん(仮名)」を倒したいところなのですが、調べた結果、今プレイでは「2周目のイルズベイル監獄島まで到達しないと戦えない」事が判明しました( ^q^ )
理由を簡単に言うと、少なくとも私のデータでは「ラギュさんを出現させるためのアイテムの一部が、2周目にならないと入手出来ない」からです。

ならば2周目に突入すればいいだけの話なのですが、2周目に入りさえすれば入手出来る、というものでもなく、そこから更に努力を必要とします。
加えてリアルの事情もあり、ラギュさんを倒すまでのモチベーションが維持出来るか微妙なところ_(;ω; 」∠)_

なので、ここは一旦ラギュさんの事は忘れ、隠しボスや闘技場を攻略したり、アイテム調合に勤しみたいと思います。

2周目をやるのならばその時にやれば良い気もしますが、条件を満たせば1周目の入手アイテムは(一部を除き)2周目に引き継げるようなので、強力な装備品を携えて2周目に入りたい、という欲に負けました。
なので、クリアは先送りにし、しばらくは1周目で頑張りたいと思います。
……もしかすると2周目断念するかもしれませんし。

※お詫びと補足※
最終的に2周目ラスボス直前まで進めましたが、結局、ラギュさんの討伐は断念しました。
詳細はまた後ほど……(´・ω・`)



と、いうわけでここからは2周目の事も念頭においてのプレイとなります。
まずは隠しボスを片付けていく事に決めましたが、その前に、少しでもLVを上げた状態にしておきたいので、とりあえず「彼」を倒しに行こう。

イルズベイル監獄島 後半

寄り道のために本編を進めるというこの矛盾。
そんな事を考えつつFLOOR18に向かうと、一人の男性の姿がありました。ラムダです。

ここからは、ラムダが何を想い、暴挙とも言える行為に出たのかが明かされる事となります。
以前、ファルメルが少しだけ言及していましたが、概ねその通りの様です。
この時点で物語も最終局面に入っていくため、展開の詳細を今まで以上に割愛していく事になりますが、ご了承下さい。

ラムダの理屈など到底受け入れる事が出来ないジュード達は、遂に、決戦の時を迎えます。

VS ラムダ
戦闘画面突入後の論戦タイムが終わったら本格的に戦闘突入。いきなりHEX貫通技を撃ってきます……が、そこまで攻撃力高くない?

この戦闘のポイントはラムダの向いている方向だそうな。彼が向く方向のHEXにいるキャラの攻撃は、幻視能力によりほぼ無効化される模様です。
ちなみに、無効化される際に出現したメッセージにて、ラムダの能力の仕組みが説明されます。それを読んだ際、納得しながらも笑ってしまった。

理屈はともかく、要はラムダの視界に入らなければいいみたい。彼が向く方向には優先順位があり、ジュードが最優先のようです。
そこでジュードを囮役にし、フリーになったラクウェルで攻撃してみたら……一気にHPの八割ぐらいを削ってしまった。普通のアタックで:(;゙゚'ω゚'):

その後は、ラムダをユウリィ以外の三人で囲み、ラクウェルでボコボコ。結局、彼女のアタック2回で倒せましたとさ。…………あれ?

ブリューナクで一番弱かった……って言ったらダメか。まさか二段階変身とかしないよね?



撃破後、彼の真の目的らしき台詞を発するラムダ。しかし、その発言の真意など知る由もないジュードは、ラムダに軽く説教すると、自分達は前進することを告げるのでした。

戦闘画面終了後も、引き続きラムダとの会話。ここではジュードの精神的な成長を垣間見る事が出来ます。本作中でも特に好きな会話イベントかも。
イベントは更に続き、ジュードやラムダ達の身にある事が起こるのですが、その時のラムダの奮闘振りときたら。流石ガウンの親友なだけはあります。熱血漢ここに極まれり。
その暴れ様を戦闘で出さなかったという事は、やっぱり本気出してなかったってこと?

暴れん坊局長ショーの終了後は、言葉の通り彼が作ってくれた道を進み、その先にある大きな扉へと向かいます。「神剣」はその扉の向こうにあるようです。

さて、扉から奥に進むと、いよいよラストフロアですが……前述の通り、クリアはまた後で。
まずはLV上げと金稼ぎ、そしてアイテム調合を並行して行っていこうかな。

ちなみに、「ラムダ撃破」という条件を満たしたので、ブレイクポイントが浄化されました。
これで監獄島最深部もエンカウント無しで徘徊出来るようになります(∩´∀`)∩

それでは、続きはまた次回に。

Comment

Comment Form
公開設定