「真・女神転生2」プレイ日記 第7回

PS PS版「真・女神転生2」プレイ日記、第7回です。
今回はファクトリー 収容所侵入から、旧シンジュクに到着するまで。

収容所に囚われたヒロちゃんを救出すべく、侵入口である旧スイドウバシへ。が、プレイヤーの事情(回復&セーブ)により再びミレニアムへと戻って来ちゃった。えへへ(∀`*ゞ)

うっかり地上に戻ったアレフ君は現在LV.28。もうすぐアメノトリフネのLV.29に届く頃合いです。
そこで本編攻略はちょっとお休みし、経験値稼ぎと材料の悪魔集め。
狩場は主にファクトリーの発掘現場ですが、そのついでに収容所に正面から入ろうとしたところ、立入禁止だと一蹴されましたとさ。おのれメシアに向かって。


話は戻り、アメノトリフネの合体レシピで一番簡単なのは「堕天使ウコバク」「妖鬼イヒカ」「夜魔ナイトメア」の三身合体だそうです。
ナイトメアは既にCOMPにいるので、残る2体を勧誘。運良く両者ともホーリータウン~センター間通路に出現し、立て続けにゲット成功。始めてから10分かからなかった。

さて、材料が揃ったので後は経験値を稼ぐだけ……なのですが、ここで気付いてしまった。
「経験値稼ぐなら、ヒロちゃん救出後(=再加入後)の方が効率よくね?」、と。
収容所

地下経由で戻りました収容所。牢獄の並ぶエリアの先にてザインが待ち構えてました。侵入バレてるじゃねぇか。
ザイン君としては、ヒロちゃんがセンターを抜け出した気持ちは解るようですが、法は法である以上、破ったら罪を償わなきゃいかんでしょ、と主張。そして、あくまでヒロちゃんを救出しようとするアレフ君との対決を宣言したのでした。「センターの命令には逆らいたくない」だって。

VS 戦士ザイン
アレフLV.28、地母神タウエレト、妖魔ハオカー、堕天使ベテルギウス、妖精ナジャ、天使エンジェル

タウエレトはラクカジャで。回復役は数名いるので適宜。他は攻撃や単体魔法。意外にもナジャはそれなりに攻撃力がありました。
一方、ザインは物理攻撃のみのようです。大体2回ぐらい。


戦闘後、アレフ君の強さを誉める一方、この戦いを経て「決心がついた」と言い出したザイン。
センターへの盲従を止め、今後は「自分のなすべき事をしようと決めた」そうです。なんだ、迷いがあったんか。

ザインが覚悟が決めた一方、ヒロちゃんを救出しようとしたアレフ君ですが、未だに正気を失っているヒロちゃんは「用は無いから帰れ」とつっけんどん。
無理矢理連れ出そうとするも、激しく抵抗される始末(´・ω・`)

この面倒臭い事態を解決してくれたのはナジャでした。
アレフ君への一途な想いを抱く、彼女の哀しい献身の甲斐あり、ヒロちゃんは正気を取り戻した上、全パラメーターが1ずつ上昇したのです。
そして当然ナジャは仲魔から離脱(´Д⊂ ごめんね、ありがとう。

さて、案の定、センターに操られていたヒロちゃん。彼女に目加田の件を伝えたところ、大急ぎでスラム街へ向かう事になりました。ヒロちゃんも知りたい真実があるそうな。

そんなこんなで晴れてパーティ復帰したヒロちゃんですが、ベスの装備は当然……うん、引き継いでないね。いや、ベスにM12ライフル装備させたままだったの思い出しちゃって。
でもゴンズピストルがあるので装備はとりあえずどうにかなるとして、問題はLV。19というのが少々キツいので、もうちょっと引き上げる必要がありそう。
……良かったぁ、経験値稼ぎ作業を先延ばしにしといて。

今後の方針がゆるく決まったところで、スラム街目指し、ヴァルハラ~センター間の通路へ。

ヴァルハラ~センター間通路

ヴァルハラ側出口が目前という時、ザインが再登場。
予想外に早い再会に驚いたのも束の間、とんでもない話を聞かされました。

・ヴァルハラが、魔王アバドンに飲み込まれた。
・どうやらセンターが裏で糸を引いているらしい。
・センターは「千年王国」の完成を急ぐあまり、手段を選ばなくなっている。


なんてこった:(;゙゚'ω゚'):! 目加田博士はどうなったんだろ……。
驚くアレフ君達を尻目に、「このままセンターを放っておくわけにはいかない」と言い出したザイン。更には「誰かが何とかしなければいけないんだ」って、それアレフ君にチラッチラッってやってるの?

こうなりゃアバドンとやらにヴァルハラ吐き出させるしかないのでしょうが、肝心の所在は不明。地下世界にでもいるのかしら。
一応、確認のためヴァルハラ側へ出ようとしたところ「ヴァルハラ・エリアは魔王アバドンに飲み込まれてしまった」と、何もない空間が映されるのみでした。

このイベント後、引き返そうとすると、マダムが飼っていたケルベロスと再会します。
ケルちゃんによればマダムも館ごと飲み込まれ、助ける時間はなかったそうですが……よーしよしよし、君だけでも無事で良かった。
アレフの強さを見込んだケルちゃんは、改めて仲魔になってくれました。強制的に(ΘωΘ)

さて、ヴァルハラへの道を閉ざされたアレフ君一行。仕方が無いのでセンター方面へと向かいます。
試しにセンターの建物に入ろうとしたら、入口封鎖されちゃってた(。A 。 )ですよねー。
ならば今度はホーリータウンへ。そう言えばなんかMAGの減りが激しいと思ったら、ケルちゃんが外に出たままにしてた。ひぃ。

ホーリータウン

まずはヒロちゃんの装備を新調。M16ライフルのみファクトリーで調達してました。
その後ヴァルハラについて情報収集したところ、BARにて、地下世界について言及している男性を発見。
そう言えば前にもこの話聞いたなぁ。大教会と繋がってるらしいがストーカーが通してくれない、ってやつ。
実際、大教会には道を封鎖しているストーカーがいたので、その話に間違いは無さそう。

そういうわけで次の目的地は大教会となりましたが、そこへ赴く前に事前準備。ヒロちゃんのLV上げや仲魔の整理など。
仲魔については、アメノトリフネの材料がCOMPを圧迫しているので、一刻も早く作成すべくホーリータウンのフィールドで経験値稼ぎをすることに。……そうなの。まだLV.29になってないの。

フィールドの街頭ビジョンでは、ザインの謀反を伝えるニュースが。ザインがデマを流布していると伝えたその直後、電波ジャックしたザインがモニタに登場。センターの本性を語り始めました。

・千年王国とは一部の人間だけが生きる事が出来る世界。
・ミレニアム自体が千年王国へ行ける人間を選ぶために造られた。
・人間の選定が終わったら、ミレニアムは破壊される。ヴァルハラがアバドンに飲まれたのもそのため。


なんという事でしょう。アレフ君はそんな世界の救世主にされかけていたのです。
でもこんな事を堂々と言っちゃって、ザインの身は大丈夫かしら。あ、既に謀反人扱いだからもう遅いのか。

そんなイベントを挟みつつ、ようやくLV.29に。早速「天津神アメノトリフネ」を作りました。
彼(?)の持つ「トラエスト」や「トラポート」により移動の負担が軽減されたところで、いよいよ大教会を目指します。

町を出てハイウェイ入口へと向かう途中、イベント発生。ザインがセンターの危険性を民衆に訴えてます。
真の千年王国で生きられるのはセンターの人間だけであり、このままではホーリータウンもヴァルハラのような目に遭う運命なのだと主張するザイン。アレフ君の姿に気付いた彼は、センターと対決する旨を伝えてきました。
見捨てられてしまうミレニアムの人々に、センターの本性を訴えかけるそうな。

大教会

ザインの身の安全を願いつつ、アレフ君は自らの目指す場所へ。
3Fのストーカーが封鎖していた地点へ行ってみると、何故かダレスが登場。仲魔、ハオカーしか外に出してないっての:(;゙゚'ω゚'):!

VS 戦士ダレス
アレフLV.29、ヒロコLV.19、地母神タウエレト、妖魔ハオカー、魔獣ケルベロス、堕天使ベテルギウス

アレフはCOMPでタウエレト、ケルベロス、ベテルギウスの順で召喚。
ダレスは格段に強くなっているので、ヒロコのHPには常に注意を払ってました。
タウエレトにラクカジャを重ねがけさせ、あとはひたすら攻撃&回復。ケルベロスがいるせいか楽だった気がします。


ダレスが逃亡したら、気を取り直して先へ。エレベーターに乗り1Fへ向かいます。
途中2Fで降りるとアイテム回収が出来ました。

1Fに到着すると、目の前には別のエレベーターが。その行き先はB60F。わお(゚∀゚)!
ちなみにエレベーターの下降中はカットされず、本当に60F分画面が動いているみたいです。

B60Fの外は広大な地下世界。さて何処に行くべきか。
周囲を確認していると南西に入口を発見。早速向かってみます。

旧シンジュク

地下道っぽいダンジョン。入口付近の住人や壁に書かれた文をまとめるとこんな感じ。

・ここには魔界から来た妖精や地霊、地上から逃げて来た人間が住んでいる。
・「ここより 妖精王オベロン治める地 王の命に従うこと」


確かに付近で出現する敵は妖精ばかり。妖精は合体材料にする事が多いので、極力戦わないでおこう。
そういやここでオベロンの世話になったような……と記憶を辿りつつ東の通路を進んでいると、またダレスか!

もはやメシア云々ではなくアレフ君の妨害が目的になってしまっているのでは、と思えるダレス。
今回は趣向が違うそうですが……直後、繰り広げられたのはドタバタ劇でした。

手下の妖精「パック」に合図し、「浮気草の露」とやらをアレフ君に浴びせようとしたダレス。しかし実際に露を浴びたのは、アレフ君を庇ったヒロちゃんでした。

ここで、失敗を悟ったパックは逃亡し、ヒロちゃんは何故かダレスにメロメロ。
ヒロちゃんに迫られたダレス(たぶん奥手)は焦って逃亡し、ヒロちゃんもダレスを追って姿を消しちゃったとさ。どういうことなの。

取り残されたアレフ君が1人呆然としていると、「アヌーン」という妖精の少女に声を掛けられました。赤いワンピースに白いエプロン姿が超かわいい。

彼女が言うに、「浮気草の露」は相手に一目惚れさせてしまう魔法の薬だったようです。
ダレスの計画では、アレフ君に浴びせる→すかさずアヌーン登場→アレフ君、アヌーンに一目惚れ……というものだったそうな。なるほど。
一応関係者として申し訳なく思ったのでしょう、アヌーンはアレフ君に謝罪。そして何処かに行ってしまいました……って、解決方法教えてよぅ。・゚・(ノД`)・゚・。

何が何だか解りませんが、気を取り直し先へ進みます。ヒロちゃん捜さなきゃ。
通路の先は町になっていてショップなどがありましたが、ひとまずターミナルでセーブし今回はここまで。
次回は情報収集の続き……と、出来ればヒロちゃんに戻って来て欲しいんだけども('A`)


Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。