「真・女神転生2」プレイ日記 第10回

PS PS版「真・女神転生2」プレイ日記、第10回です。
今回は旧コウジマチ~封印の岩戸 まで。

ヒルコ様からの依頼で、将門公の復活を目指すべく、まずは国津神の解放を行う事となったアレフ君。国津神の封印されている祠を捜し、地下世界を征くのでありました。

未知の祠を探すため、まず向かってみたのはアカサカの東方面。お手伝いした発掘現場より更に東に行ってみると……あったあった。

旧コウジマチ1F

旧シブヤ同様、この祠も中はダンジョン。木造風です。
4Fまでは何の問題もなくスイスイ進めたんですが、そう甘くは無かった。
目に見えない一方通行の壁があり、うっかり踏み込んでしまうと、背後に壁が出現して後退不可になるのです。

そしてそれよりも厄介なのが敵の「外道ブラックウーズ」。物理攻撃ではカスダメしか与えられず、戦闘時間が長くかかるので、とりあえず遭遇したら逃亡する方向で。
ただ、経験値は(この時点では)なかなかだったので、そのうち狩るかも。その他は天使がよく出現するので素材集めに便利そうです。

そんな感じで慎重に探索していると、「オオヤマツミ」様と遭遇。どうやら迷っていた様で、助けを求められました。
連れて行って欲しいとのことだったので二つ返事でOKしたのですが……仲魔がいっぱいなのでダメだって_(:3 」∠ )_
仲魔を減らしてきてくれ、と言われてしまったので、一度アカサカに戻るしかないか……。

仲魔を整理後、改めて出直し。そんなに広いダンジョンでもないので進むだけならばサクサクいけます。
4F北西エリアで無事オオヤマツミ様を保護したら、探索を全て終わらせた後に脱出。
外に出ると御礼の言葉を頂戴した上で、将門公の右脚を預かりました。

さて、次に向かったのは地下世界の最下層部分。最寄りの街はロッポンギです。
まず西の祠に入ると「サルタヒコ」様が出現。あらあっさり……と思いきや「これは渡さん!」と敵意剥き出し。
結局、有無を言わさず戦闘突入です。こっちはアレフ君とヒロちゃんしか出してないのに:(;゙゚'ω゚'):

VS 国津神 サルタヒコ
アレフLV.33、ヒロコLV.忘れた 魔獣ケルベロス 天使プリンシパリティ

とりあえずケルちゃんとプリンシパリティを優先して召喚。ヒロコは状況に応じて。
サルタヒコは「休む」やディアラマで回復します。HPが高めなので少々長くかかったものの、地道に削ってどうにか勝利。
結果、8000近く経験値を貰えました。ヒロちゃんに至っては1万6千!


戦闘後、正気を取り戻したサルタヒコ様から将門公の左腕を預かりました。これで、残るはあと一つ。おそらく左脚でしょう。
次に向かうのは、ロッポンギからずーっと東の祠。見付けるのに相当時間がかかってしまった……。探し方がザルだったからなんだけど('A`)

旧オオテマチ

内部はワープだらけ。しかも道を間違えるとスタート付近に戻されます。
マップをこまめに確認しつつ、総当たりのつもりで探索するしかありませんでした。

ここで初めて「龍王ノズチ」と遭遇。仲魔にしようと会話を試みたわけですが、銃を置き、手招きにも応じちゃったら即座に仲魔になってくれました。想像したら超可愛い。

ノズチ萌えはともかく、必死こいて進んでいると「スクナヒコナ」様と遭遇。閉じ込められて困っていたご様子です。
彼を伴い外に出ると「公の左脚」を賜りました。これで全部揃ったので、いざヒルコ様のもとへと帰還します。
余談ですが、帰路の最中、ヒルコ様が追われていたのは将門公の秘密を知っていたためだという話を聞きました。なるほど、復活の方法知ってたもんだから口封じされようとしてたのか……。

ヒルコ様のもとへ帰り着くと、いよいよ御身体の各部を合体……って、え? ヒルコ様がやるんじゃないの?
特にこれといった指示も無いまま、部屋から出されたアレフ君御一行。合体って言うからには邪教の館なのかしら。

これでダメだったら攻略本確認しよう、と白旗を掲げる気満々で邪教の館へ。すると、中に入るなり、主から将門公の身体を「ぜひ合体させてくれ」と懇願されました。
なんでも、将門公を合体で復活させられるのは館の主冥利につきるそうです。……まぁ、そうそう出来る事ではないしね。

三身合体のポッドで合体させると、無事、将門公が復活。が、復活したのはあくまで将門公の御身体だけであり、まだ何か足りないようです。今度こそヒルコ様の出番かな?
ちなみに現時点で将門公の御身体はイベントアイテム扱い。ちょ、それは不敬な∑(゚ω゚;)

ヒルコ様のもとへ再度向かうと、将門公を真に復活させるには、ヒルコ様が持っている公の御霊が必要とのこと。なら最初っから邪教の館に着いて来てくれれば良かったのに御霊と御身体はその場ですぐ合体し、将門公が完全復活を果たしましたとさ。おお、格好良い。

将門公にお褒めの言葉を頂き、アレフ君もご満悦。
が、のんびりしてはいられない様で、ヒルコ様達は急ぎ「封印の岩戸」へ……って、どこだそこ∑(゚ω゚;)

探索の結果、封印の岩戸はスクナヒコナ様のいた祠の近くにありました。
岩戸を開けてくれた将門公から、礼として「太陽のピラー」「将門の刀」を賜ったアレフ君。復活直後の重労働が少々こたえた将門公は、身体を休めるべく去って行ってしまいました。

一方、開いた岩戸の中には天津神が封印されているとのこと。ヒルコ様に促され中に入ります。

封印の岩戸

中は扉だらけの洞窟。1Fは簡単ですが、B1~B3Fはワープ塗れで泣きそう。

ほぼ総当たりで到達したB4Fは一転して広いフロア。しかも所々にダメージ床やステータス異常が起こる部屋があり、マップ埋め好き人間泣かせです。が、一方で天津神の皆様も封印されているので、彼等を救出するためにはやはり隅々まで探索が必要。
基本的にダンジョン探索は西側(左手側)からやるクセがあるので、今回もその通りに。

最初に発見したのは「ツクヨミ」様。姉の「アマテラス」様の封印を解くよう頼まれました。
次は「タケミカヅチ」様。自分を騙した者に対する復讐に燃え、走り去ってしまいました。
そして次は……あ、「アマテラス」様だ。

アマテラス様曰く、反逆した国津神達はヘブライ神族や魔族の力を借り、天津神を封印したそうな。
が、国津神達がその後釜に収まることは出来ず、ヘブライ神族に封印されてしまったという流れのようです。
要は、大和の神様同士が喧嘩してる場合じゃなかった、という反省の弁。
ひとまず封印を解いたところ、アマテラス様はアレフ君の力に驚いたようです。弟であるスサノオに勝るとも劣らぬ、だって。

さて、一番の目的だったアマテラス様の解放を達成したわけですが、まだB4F東側は未探索。
おそらくはそちら側にも天津神達が封印されているはず、って事で探索したところ、やはり二柱発見しました。

まずは北東部の「タヂカラオ」様。自分の力不足に少ししょんぼりしてて可愛らしい。
その次は「オモイカネ」様。脳味噌ライクなお姿です。封印を解いた御礼として有益な情報をくれました。封印を解いた神様達は、合体で作成可能となるそうです。よしよし。

全ての天津神達を解放し、入口へ帰還。外に出るとアマテラス様とヒルコ様が仲直りするイベントが。
お二人は傷付いた身体を癒すため「金剛神界」に向かう模様。この金剛神界は本編とは関係無い隠しダンジョンの様なものなのですが……ゴメンね、今周は行く予定ないんだ(´・ω・`)

アマテラス様達とのイベントを終えたら、ひとまず帰還。帰り道が解らなくなり無駄に彷徨ってたら、いきなり画面が切り替わり、ストーンヘンジのような場所に出ました。えっ。
直後「水星のピラーが輝きだした」って、まさかのイベント発生。ピラーを設置するか否かを問われましたが、何かよく解らないで後回し。
ところで「将門の刀」って装備出来ないのな……。イベントアイテムなんじゃろか。

さて、天津神の解放を果たしたアレフ君ですが、ぶっちゃけ、これから何すればいいのやら。
仕方が無いので、情報に変化が無いか各所を調べてみる事に。

ミュータントの長老様の台詞は特に変更は無し。その他も大した変化は見当たらなかったものの、アカサカにて、ファクトリーの労働者っぽい人から意味深な情報をゲットしました。

・ある秘密を知ったせいでセンターから逃げ出すハメになった。
・その秘密は「0920」。あとは自分で考えろ。


教えられたのはこれだけなのですが……4桁の数字って事はパスコードなのかな?

結局、今後の事は解らずじまい。そこで観念してロッポンギの占い師さんの所へ行ってみると、「ホーリータウンを歩くのだ」と言われました。えっ、もう地下世界はいいの?

次回、半信半疑でホーリータウンへと戻ります。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。